トップ > 最新情報 > 2011年04月の記事一覧

最新情報

24日は、晴天に恵まれ、たくさんの家族連れや、森山さんの写真展に興味のある方がたくさんご来館いただきました。
ありがとうございました。5月4日の修司忌には、岡三沢神楽、森山さん講演会、渚ようこ歌謡コンサートを予定。
ぜひ、みなさまお越し下さい.イベントは無料でご覧いただけます。
記念館の桜も咲き始めました.ゴールデンウィークは,桜も満開です。

IMG_0991.JPG


本日も、寺山記念館無料開放します。昨日は、悪天候の中,200名以上の来館者がありました。ありがとうございました。
今日は、晴れています。ムシムシ・コロコロの造形作家シミージーさんも、来館してます。飲食も出来ますお待ちしています。

本日、4月23日、24日は、無料開放です。

森山さんの写真も、ムシムシ・コロコロも無料です!!

さらに、23日、24日、アンケート回答者先着100名様に、テラヤマスゥイーツ『テラシュー』プレゼントします。

雨の場合も、「寺山修司遊びの劇場」ムシムシ・コロコロは、室内で行ないます。飲食屋台も決行です。

 同時にスタートする、青森では初めての展覧会となる森山大道写真展『あゝ、荒野』、

60年代新宿を中心とした森山氏の写真の時代のパワーに圧倒されます。

特別展示の『犬の町』も、現在は失われた1971年当時の三沢独特の雰囲気が、森山さんならでは写真です。

特に三沢市民の方には、懐かしい風景です。

 

 今回の、フェスティバル、写真展の収益の一部は、東日本大震災の義援金とさせていただきます。

天気は気になりますが、是非みなさま記念館迄おこしください。

 子どもたち、ムシムシ・コロコロが待ってるよ!!!ムシムシ・コロコロJR

kouya_misawa_a4_110407_ol.jpg 

kouya_misawa_a4_ura_.jpg 

森山大道写真展『あゝ、荒野』

  --寺山修司唯一の長編小説と森山大道の写真のコラボレーションー

 特別展示:「犬の町」何かへの旅〈3〉1971年、青森県・三沢市にて撮影



会期=2011年4月23日(土)〜7月24日(日)


 本展は、寺山修司の遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」(1966)と、森山大道の時代を鋭く記憶した写真とのコラボレーションです。森山大道が60年代から撮影してきた貴重なオリジナルネガから自らプリントした211点を新たにちりばめ、装い新たに生まれ変わった新装版の「あゝ、荒野」(2005年/パルコ出版)。今回の展示はその時プリントされた貴重な写真から構成されます。「60年代」、「アングラ」、「新宿」というキーワードでの、再検証と憧れの高まる今、寺山×森山の「60年代新宿荒野図」の世界へ・・・・・。あなたの荒野は・・・・・・・。
 特別展示の「犬の町」は、1971年のアサヒカメラ連載・何かへの旅〈3〉で、初めて三沢を訪れ撮影された、森山氏の代表作「三沢の犬」を含む写真です。1971年当時の、三沢の街並などを記憶した貴重な写真12枚を展示します。
◎森山大道氏の、青森県では、初の本格的な展覧会です。


寺山フェス2011・春_オモテ.jpg

寺山フェス2011・春_ウラ.jpg


今年も、4月23日(土)24日(日)を無料解放します!寺山修司の多才な
表現活動をモチーフに、ファミリーに大好評の「寺山修司遊びの劇場」
ムシムシコロコロ・シリーズが再登場!福士正一さんの正ちゃんダンスも登場。
さらに、屋台飲食もでます!
子供達にたくさん集まってもらえると嬉しいです。
また、5月4日の「修司忌」には、「あゝ、荒野」写真展開催中特別企画と
して、世界的に活躍する写真家・森山大道氏の講演会、昭和歌謡の歌姫、
渚ようこさんの歌謡コンサート、岡三沢神楽公演などが開催されます。

大きな災害に見舞われ、復興に力を注ぐ東北を少しでも活気づけるためにも、
豊かな自然に囲まれた寺山修司記念館に足をお運びいただき、
北の大地の春の息吹とと共に、
存分にフェスティバル、そしてテラヤマ・ワールドをお楽しみ下さい。