トップ > 最新情報 > 2011年11月の記事一覧

最新情報

 あおもりアーツコミッションでは、青森県のアートシーンを、自然をはじめとしたあおもりの様々な魅力とともに県内外のより多くの人に楽しんでもらうため、様々なプロジェクトを展開しています。
 このたび、あおもりのアートシーンを、AACの代表である十和田市現代美術館の小林央子特任館長とともに巡る「アートの森 探険プロジェクト」を、12月3日(土)、4日(日)の日程で実施いたします。
 青森県内の美術館などを巡り、あおもりのart activistであるAACメンバー(私達は「木」と呼んでいます)に会いに、「アートの森」を一緒に「探険」しにいきましょう。

多くの皆様の参加をお待ちしています!

開催月日: 2011年12月3日(土)、4日(日)
募集人数: 各日20名
参加料: いずれか1日参加...5,000円、2日間通しての参加...8,500円 
                       (バス代、昼食・軽食代、美術館入館料)
申込締切: 11月16日(水)

コーススケジュール:
 12/3(土) ...1日目...
  10:00 青森駅集合・出発
  10:20 新青森駅出発
  10:50 王余魚沢倶楽部 到着
        teco.llc 立木祥一郎 氏(AACメンバー) によるアートのおはなし +α 
        昼食: 王余魚沢倶楽部カフェ 人気の「王余魚沢カレー」+エトセトラ 
  12:50 出発
  13:20 青森県立美術館到着
         常設展「秋のコレクション展『縄文/創造の原点から』」、
         企画展「今和次郎 採集講義」鑑賞、美術館内見学。
         県立美術館 工藤学芸員(AACメンバー)による解説・トーク +α。
  16:00 県立美術館出発
  16:30 国際芸術センター青森(ACAC)到着
         「再考現学展」鑑賞。
         ACAC 服部学芸員(AACメンバー)による解説・トーク+ α。
  17:30 ACAC出発
  18:10 青森駅到着・1日目解散
  18:30 青森市 A-factory内
        「Galetteria Da Sasino(ガレッテリア・ダ・サスィーノ)」にて交流会予定  
        ※ 参加自由。参加料に交流会会費は含まれません。

 12/4(土) ...2日目...
   8:30 青森駅集合・出発
  10:00 十和田市現代美術館到着
         常設展及び企画展「加藤久仁夫展」鑑賞、美術館内見学。
         小林特任館長、佐々木学芸員による解説・トーク+αつき。
  11:30 十和田市内で、十和田名物「バラ焼き」昼食
  13:00 三沢市寺山修司記念館到着
         常設展及び企画展「寺山修司幻想写真展(仮)」鑑賞。
         学芸員による解説・トーク。
         笹目副館長(AACメンバー)と「テラシュー」を食すティータイムつき。
  14:30 記念館出発
  16:30 新青森駅到着・解散
  16:50 青森駅到着・解散

申込は。こちらまで ⇒ http://aac-aomori.net/wp/archives/709

    kouya_misawa_a4_11.2_02.jpg

    kouya_misawa_a4_ura_11.2_02.jpg


    森山大道写真展『あゝ、荒野
        --寺山修司唯一の長編小説と森山大道の写真のコラボレーションー
    特別展示:「犬の町」何かへの旅〈3〉1971年、青森県・三沢市にて撮影
              
    会期:2011年11月17日(木)から30日(水)
        ※21日(月)28日(月)休廊
    開館時間13:00〜19:00
    入場料=300円
         ※ボクサー、片目のコーチ、娼婦、ソープ嬢、警官、バーテン、
          スーパー社長、早稲田大学自殺研究会の方はご招待します。
    会場=ポスターハリスギャラリー
     東京都渋谷区道玄坂2−26−18朝香ビル103
    お問合せ:ポスターハリスギャラリー tel.03−5456−7218 
     http://posterharis.com

     

      本展は、寺山修司の遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」(1966)と、森山大道の時代を鋭く記憶した写真とのコラボレーションです。森山大道が60年代から撮影してきた貴重なオリジナルネガから自らプリントした211点を新たにちりばめ、装い新たに生まれ変わった新装版の「あゝ、荒野」(2005年/パルコ出版)。今回の展示はその時プリントされた貴重な写真から構成されます。2011年には、舞台化もされ注目の集るなか,60年代」「アングラ」「新宿」というキーワードでの、再検証と憧れの高まる今、  
    寺山×森山の「60年代新宿荒野図」の世界へ・・・・・。あなたの荒野は・・・・・・・。
    特別展示の「犬の町」は、1971年のアサヒカメラ連載・何かへの旅〈3〉で、初めて三沢を訪れ撮影された、森山氏の代表作「三沢の犬」を含む写真です。1971年当時の、三沢の街並などを記憶した貴重な写真12枚も展示します。


    九條今日子がプロデュース。

    カルメン・マキの、寺山修司との出会いから今日に至るまでの集大成。たった1夜限りのリサイタル。

    演出は、J・A・シーザー、寺山の詩の新曲も予定!!絶賛発売中です。お見逃し無く!!

    全労済ホール/スペース・ゼロ提携公演 

    九條今日子プロデュース

    カルメン・マキ リサイタル

    〜どこにも属さず、何にも縛られず、荒野に独り立つしなやかな獣〜
    (カルメン・マキ作詞・作曲「NORD-北へ」より)

     2011年 1227日()  開場1800 開演1830

    全労済ホール/スペース・ゼロ

    出演       カルメン・マキ(Vo

             SALAMANDRE :鬼怒無月(G) 勝井祐二(Vln)、松永孝義(B芳垣安洋(Per

             太田恵資(Vln)、新澤健一郎(Key)、西嶋徹()、佐藤芳明(Acco)

             福士正一(舞踏)高橋理通子(舞踏)

    出        J・A・シーザー (演劇実験室@万有引力 主宰)

    期日      2011年 1227日()  開場1800 開演1830

    会場     全労済ホール/スペース・ゼロ

    企画制作   アイノア、ポスターハリス・カンパニー、エピキュラス

    協力     三沢市寺山修司記念館、演劇実験室@万有引力

    プロデユース 九條今日子

    主催     テラヤマ・ワールド、東京労音

     チケット   全席指定(消費税込) 前売¥5,800 当日¥6,300

    前売所    東京労音     03-3204-9933 http://www.ro-on.jp

                           電子チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード: 146-999 )

                           ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:77433 )

                           イープラス    www.eplus.jp (パソコン・携帯)

                  スペースゼロチケットデスク www.spacezero.co.jp (パソコン・携帯)

    問い合わせ  東京労音      03-3204-9933

                        テラヤマ・ワールド 03-5456-9160


    バス_チラシ2.jpg


    Fan+(ファンプラス)」に新ショップオープン

     

    21世紀の寺山修司デジタルマガジン

    第1弾コンテンツは「寺山修司ワールド〜時速100キロの劇詩人〜第1号」

    NTTプライム・スクウェア株式会社が運営する「Fan+」(ファンプラス)において、株式会社ジー・コムが、 「寺山修司ワールド〜時速100キロの劇詩人〜」のデジタルコンテンツを販売するショップを、20111028日(金)正午よりオープンしました。

     

    <「寺山修司 〜時速100キロの劇詩人〜 」とは>

    没後20数年、現在も上演され続ける寺山修司とは?

    監修に九條今日子、編集長に高取英を迎え「ジー・コムプロジェクト」が発信する21世紀の寺山

    修司デジタルマガジン。

    映像+写真+文章、過去と現在をクロス。過激なる疾走は21世紀も加速し続ける。

    「寺山修司ワールド」ショップはこちら http://fanplus.jp/_terayama_/

     

    C2011 TERAYAMA WORLD INC./EIKO TERAYAMA G.COM LTD.