トップ > 最新情報 > 2013年03月の記事一覧

最新情報

Terayama_B2Poster.jpg 寺山修司記念館、4月からの企画展は、寺山修司没後30年を記念して、「寺山修司の原稿と本 ―寺山修司の直筆原稿と生前全著作―」をお届けいたします。

  1983年5月4日、寺山修司はわずか47歳の若さで、肝硬変に腹膜炎を併発してこの世を去りました。俳句、短歌、詩、小説、評論などの文学者として、演劇、映画、写真などを通じて時代のアジテーターとして、あらゆるジャンルに膨大な足跡を残しながら、不意に消えて行った寺山修司。絶筆となった「墓場まで何マイル?」には、こう記されています。

 「私は肝硬変で死ぬだろう。そのことだけは、はっきりしている。だが、だからと言って墓は建てて欲しくない。私の墓は、私のことばであれば、充分。」

  自分の死を予期し、なお「ことばのひと」としての矜持を失わなかった寺山修司にとって、書くこと、表現とはなんだったのかをあらためて問い直したいと思います。あとに残された者の哀惜の思いと愛をこめて。

 今回の企画展では、第一作品集『われに五月を』(1957年)から『ニーベルンゲンの指環・ラインの黄金』(1983年)まで、寺山修司生前の全著作187冊(編著/翻訳を含む)を一堂に会します。

 その一冊一冊が、いわば寺山修司の墓標とも云うべきものであり、そのおびただしい数の墓標に、涙して手を合わせるもよし、抱きつくもよし。今回は展示品をガラスケースに収めてしまうのではなく、だれもが手に取ってページを捲れるような展示方法にしようと思っています。静かなたたずいの、清冽な気合に充ちた図書館をイメージしていただけたらと思います。何冊かご紹介しましょう。

 たとえば処女作『われに五月を』には以後の寺山文学のエッセンスがすべて詰め込まれています。また『ガリガリ博士の犯罪帖』では単なる戯曲集の枠をはみ出し、演劇そのものを書物にしようと試みたものです。宇野亜喜良さんと組んだ、フォア・レディース・シリーズでは、文章のみならず、造本・装幀も含め、本そのものが少女の純情に訴えかけるような仕組みがいっぱい、粟津潔さんが装幀した『地獄篇』には、何故か蝋燭と火縄が付録としてついてきます。このように、寺山の「本」は、書物であることを超え、読者を挑発する「武器」として存在しようとしたのではないかと思われます。

 直筆原稿も初公開のものがあります。天井棧敷旗揚げ公演「青森県のせむし男」の台本、最後のパリ公演「奴婢訓」の台本と箱書きなどがそうです。他にも演劇、映画、出版関連の直筆原稿を多数公開いたします。

   書くことは速度でしかなかった   追い抜かれたものだけが   紙の上に存在した

   読むことは悔悟でしかなかった   王国はまだまだ遠いのだ

   「書かれた詩句」以上に   「消された詩句」の方が   人の心を打つこともあるのだ

   「寺山修司の原稿と本」は、あなたを謎の王国へ導くことができるか、「書かれた詩句」はあなたのこころに浸透し、「消された詩句」は、ほんとうにあなたのこころに通底するのか。ぜひ、記念館に足をお運びいただき、実物を手に取って、ゆっくり寺山修司のぬくもりを感じてください。

 

 今企画展の関連イベントは以下の通りです。

 「修司忌/献花」寺山修司命日

 2013年5月4日(土・祝)13時から

 会場 寺山修司顕彰文学碑(屋外無料/館内有料)

 寺山修司が作詞した『戦争は知らない』の曲が流れるなか、だれもが野の花一本を手に参加できます。

 寺山修司へのオマージュ「懐かしのわが家」

 2013年5月4日(土・祝)13時10分から

 会場 寺山修司顕彰文学碑(屋外無料/館内有料)

 朗読 佐々木英明(寺山修司記念館館長/詩人)、青森大学演劇団「健康」、青森大学文芸部「幸畑文学」

 舞踏 福士正一(舞踏家/オドラデク道路劇場主宰)

 献花に引き続いての朗読と舞踏のパフォーマンス。「私の書く詩のなかにはいつも家がある」と、

 家への屈折した思いを、終生書きつづけた寺山修司の「家」とはなにか?

 三上博史ライヴ「ロング・グッドバイ 寺山修司に捧ぐ」

 2013年5月4日(土・祝)14時から

 会場 屋外多目的スペース(屋外無料/館内有料)

 出演 三上博史(俳優)、エミ・エレオノーラ(ミュージシャン)

 三上博史さんの透明感のある深い声、エミ・エレオノーラさんとぴったり息の合ったライブをお楽しみください。

 寺山修司遊びの劇場「ムシムシコロコロ・パークJr.」

2013年5月3日(金・祝)、4日(土・祝)、5日(日・祝)11時から15時まで

会場 屋外多目的スペース(屋外無料/館内有料)

遊びとアート、寺山修司からの影響のもと、創作活動を開始した simizzy が、

こどもたちに仕掛けた楽しくも心優しい誘惑! 親子で木製の遊具を経験してください。 

 

 ※ 荒天時の場合は館内での開催になり、その際は有料となりますので、あらかじめご了承ください。

 

三沢市寺山修司記念館のご案内

 開館時間 9時から17時(入館は16時30分まで)

 入館料 一般500円(常設展300円+企画展200円)  一般団体400円(20名以上) &n