トップ > 最新情報 > 2014年04月の記事一覧

最新情報

tera春フェス2014_foyer.jpg

5月4日修司忌は、佐々木英明館長、三上博史さんによる「寺山修司へのオマージュ!!」

寺山修司の命日5月4日を記念して、GWの5月3日から5月5日の3日間、毎年恒例の春のフェスティバルを開催します。

ゴールデンウイーク、豊かな自然に囲まれた記念館と広々とした屋外多目的スペースで、思いっきり楽しみませんか?

飲食屋台もでます。テラシュー、家出のするめ、「田園に歌詩集(カシス)」など、お楽しみいただけます。

春のピクニック気分で周辺散策を楽しんだり、じっくりと展示をご覧いただいたりして、存分にフェスティバル、そして寺山修司記念館と周辺の自然を満喫していただければと思います。

 

 「修司忌/献花」寺山修司命日
2014年5月4日(日・祝)13時から
会場 寺山修司顕彰文学碑(屋外無料 ※荒天時の館内開催は入館料必要)
一般の方も参加できます。


寺山修司へのオマージュ「五月の序詞(うた)」
2014年5月4日(日・祝) 13時10分から
会場 寺山修司顕彰文学碑(屋外無料 ※荒天時の館内開催は入館料必要)
朗読 佐々木英明(寺山修司記念館館長/詩人)、青森大学演劇団「健康」、青森大学文芸部「幸畑文学」
舞踏 福士正一(舞踏家/オドラデク道路劇場主宰)
献花に引き続いての朗読と舞踏のパフォーマンス。


三上博史ライブ「競馬場で会おう」
2014年5月4日(日・祝) 14時から
会場 屋外多目的スペース(屋外無料 ※荒天時の館内開催は入館料必要)
構成・演出 森崎偏陸
出演 三上博史(俳優)、エミ・エレオノーラ(ミュージシャン)
三上博史さんの透明感のある深い声、エミ・エレオノーラさんと息の合ったライブをお楽しみください。

寺山修司遊びの劇場「ムシムシコロコロ・パークJr.」
2014年5月3日(土・祝)、4日(日・祝)、5日(月・祝) 11時から15時まで
会場 屋外多目的スペース(屋外無料 ※荒天時の館内開催は入館料必要)
遊びとアート、寺山修司からの影響のもと、創作活動を開始した simizzy が、こどもたちに仕掛けた楽しくも心優しい誘惑! 親子で木製の遊具を経験してください。

 

※屋外イベントはどれも入場無料ですが、雨天などにより館内で開催される場合は通常の入館料が必要になります。あらかじめご了承ください。入館料は、一般530円/高大生100円/小中学生50円 ただし3日(土)は、小中学生無料です。

お問い合わせは三沢市寺山修司記念館 電話0176-59-3434へ。

DSC02602.JPG 4月19日、記念館から歌碑までつづく、「短歌の径(こみち)」の道しるべ取り付け作業に、「寺山修司五月会」のメンバー13名が集結し、一瞬だが雪の舞う天気の中、無事、全部で16本の道しるべ取り付け作業を終えました。お疲れさまでした。

 この道しるべは、ほぼ16年前に、歌碑までの道案内を兼ねて取り付けられましたが、さすがに16年の歳月、いくら青森県産のヒバとは云え、風雪に傷みがひどくなっていました。腐った根元から切断し、地中にコンクリートの土台を埋め、その上にボルト止めするという方法で蘇らせました。文字がかすんだものは書き直し、道しるべ本体もお色直し。今後、ずっと雨や雪に耐えて欲しいとの願いを込めました。会員の方々、「次に補修するときはもうわれわれはいないね」とちょっぴり淋しそう。

 この道しるべが設置されてある歌碑までの遊歩道、これからすばらしい季節を迎えます。タラノメ、キノコなどの山菜も豊富で、松籟、木洩れ日、マイナスイオンの森林浴も楽しめます。ぜひ、寺山修司の若き日の短歌、その径をめぐってみてください。