トップ > 最新情報 > 2月の休館日・バス運行日・イベントについて

最新情報

2月の休館日・バス運行日・イベントについて [2018年01月30日]

休館日:2/5(月)13(火)・19(月)・26(月)

*バス運行日:2/3(土)4(日)、10(土)12(月 ※振替休日)、17(土)18(日)24(土)25(日)

 三沢市内観光バス「MISAWAぐるっとバス」詳細はこちら


**イベント**

◎座学「暖鳥と寺山修司」講師:新谷ひろし(俳人)
日時:2/10(土)14~ 16:00 会場:三沢市公会堂(桜町1-6-35)

昭和五年十二月南津軽郡大杉村(現青森市)生まれ。昭和二十二年、「暖鳥」入会。のち「あざみ」入会。昭和三十二年、「暖鳥」編集、のち主宰。平成十八年、「暖鳥」終刊。その間、青森県俳句懇話会初代事務局長、青森県現代俳句協会初代会長をつとめた。現在「雪天」発行人・主宰。句碑四基、西津軽郡二基、静岡県、山形県各一基。青森県文化賞。地域文化功労者文部科学大臣表彰。『寺山修司の俳句』。他に句集八冊。


リアル謎解きゲーム「謎を解かない名探偵 〜寺山からの手紙の謎〜」

2月18日(日)青森県三沢市の「寺山修司記念館」で1日限りの謎解きゲームイベントを開催します!
あなたは"寺山修司からの手紙の謎"を解き明かせるでしょうか?
詳細は特設サイトより https://www.taito.co.jp/misawameitantei

無題.png



寺山修司記念館20周年記念 特別企画展2017 VOL.2

ドキュメント 〜幻想市街劇『田園に死す』三沢篇〜   〜2018/4/1(日)まで 

A4_omote_ol.jpg 今年8月6日に、1日だけ上演され、全国から観客を集めた「幻想市街劇『田園に死す』三沢篇」当日は、虚構と現実の交錯したテラヤマ・ワールドを三沢市内各所に出現させました。観客、演者、スタッフ、誰一人として全てを見ることはできない同時多発75演目。市街劇の演出上、開催当日にチケットと引き換えに渡された地図を元に、観客は一人ずつ自分の出会う劇を選びます。観客の数だけ、この演劇は、違うものになっています。これまで上演された市街劇の中でも、最大規模で開催されました。残された舞台美術、大道具、小道具、記録写真、映像などにより、その全貌に迫ります。

0件のトラックバック

TrackbackURL:
http://www.terayamaworld.com/cmt/mt-tb.cgi/258

0件のコメント

コメントをどうぞ