トップ > 最新情報 > 2018年03月の記事一覧

最新情報

6月の休館日・バス運行日・イベントについて [2018年03月29日]

休館日:6/4(月)11(月)・18(月)・25(月)

*バス運行日:
 6/2(土)3(日)、9(土)10(日)、16(土)17(日)、23(土)24(日)、30(土)7/1(日)

 三沢市内観光バス「MISAWAぐるっとバス」詳細はこちら


**企画展**

TakemiyaEx_Flier1midi.jpg
「これからのコミックは、たぶん『風と木の詩』以後という呼び方で、かわってゆくことだろう。 寺山修司」
『風と木の詩』や『地球[テラ]へ・・・』『天馬の血族』などで知られ、少女漫画を革新・リードしてきた漫画家・竹宮惠子氏。本展では、多数の貴重な肉筆原画や、竹宮氏自身が技術開発を手がけた精巧な複製原画「原画'[ダッシュ]」などを中心に、画業50年のあゆみや創作の裏側をたっぷりとご紹介する。

休館日:5/7(月)14(月)・21(月)・28(月)  4/24(火)〜5/6(日)は休みなく開館します。

*バス運行日:
 4/28(土)5/6(日)・12(土)13(日)・19(土)20(日)・26(土)27(日)

 三沢市内観光バス「MISAWAぐるっとバス」詳細はこちら


**イベント**

TerayamaFes2018Spring_Flier1midi.jpg
GW5月3日?5日の3日間、毎年恒例の春のフェスティバルを開催する。寺山修司の命日、5月4日「修司忌」には、文学碑での献花・朗読パフォーマンス、竹宮惠子さんのトーク&サイン会、福士正一さんの舞踏、三上博史さんのライブ『万才!ジルベール 寺山修司』など、ステージが盛りだくさん!ファミリーに人気抜群の「寺山修司遊びの劇場ムシムシコロコロ・パークJr.」も登場。今年は飲食屋台が充実、記念館の展示やイベントを1日ゆっくり 楽しめる。


TakemiyaEx_Flier1midi.jpg
「これからのコミックは、たぶん『風と木の詩』以後という呼び方で、かわってゆくことだろう。 寺山修司」
『風と木の詩』や『地球[テラ]へ・・・』『天馬の血族』などで知られ、少女漫画を革新・リードしてきた漫画家・竹宮惠子氏。本展では、多数の貴重な肉筆原画や、竹宮氏自身が技術開発を手がけた精巧な複製原画「原画'[ダッシュ]」などを中心に、画業50年のあゆみや創作の裏側をたっぷりとご紹介する。
TerayamaFes2018Spring_Flier1midi.jpgTerayamaFes2018Spring_Flier2midi.jpg
寺山の命日5月4日修司忌をはさんだGWの3日間、春のフェスティバルを開催します。

今年の修司忌は、漫画界のレジェンド・竹宮惠子先生のトーク&サイン会、俳優で歌手の三上博史さんライブなどステージイベントが盛りだくさん!4日は飲食屋台が日中出ていますので、記念館周辺で1日ゆっくりじっくり楽しめます。
3日間連続で、ファミリーに人気の寺山修司遊びの劇場も!想像と創造の天才・木工造形作家シミージーと遊ぼう♪
無料で楽しめるイベントを多数ご用意!ゴールデンウィークは花咲く記念館へお出かけください

 併催の企画展「竹宮恵子カレイドスコープ ―50th Anniversary―」についてはこちら!



????

■5月4日(金祝)
11:00〜16:00頃
出張飲食屋台(軽食やスイーツ、飲み物など)
13:00〜
「修司忌/献花」
寺山修司へのオマージュ「わ
れに五月を」

*ご来場の皆さんが献花にご参列いただけます。

14:15〜
竹宮惠子  トーク&サイン会
*サイン会は書籍『竹宮惠子カレイドスコープ』ご購入の先着100名様限定!
15:30〜
福士正一舞踏「のほうから」
17:00〜
三上博史ライブ「万才!ジルベール 寺山修司」

■5月3日(木祝)、4日(金祝)、5日(土祝)11:00〜15:00
寺山修司遊びの劇場「ムシムシコロコロ・パークJr.

TakemiyaEx_Flier1midi.jpg
TakemiyaEx_Flier2midi.jpg
この春夏の企画展は
「竹宮恵子カレイドスコープ ―50th Anniversary―」!
『風と木の詩』や『地球[テラ]へ・・・』『天馬の血族』などで知られ、少女漫画を革新・リードしてきた漫画家・竹宮惠子氏。寺山は「これからのコミックは、たぶん『風と木の詩』以後という呼び方で、かわってゆくことだろう。」と絶賛しました。
本展では、多数の貴重な肉筆原画や、竹宮氏自身が技術開発を手がけた精巧な複製原画「原画'[ダッシュ]」などを中心に、画業50年のあゆみや創作の裏側をたっぷりとご紹介します。5/4(金祝)の修司忌には、漫画教室やトーク&サイン会も開催されます。
*漫画教室は事前応募(葉書)の抽選10名様限定。詳細はチラシをご確認ください。


●会期=2018年4月7日(土)〜7月29日(日)

●開館時間=9:00〜17:00(入館は16:30まで)

●入館料 一般個人:530円(常設展310円+企画展220円)、一般団体:430円(20名以上)
      高大生:100円 小中学生:50円 ※ 土曜日は、小中学生無料

●会場=寺山修司記念館エキジビットホール
●お問合せ=三沢市寺山修司記念館 tel.0176−59−3434
    青森県三沢市大字三沢字淋代平116−2955

休館日:4/2(月)9(月)・16(月)・23(月)
 4/24(火)
〜5/6(日)は休みなく開館します。

*バス運行日:4/1(日)、7(土)8(日)、14(土)15(日)21(土)22(日)、4/28(土)5/6(日)

 三沢市内観光バス「MISAWAぐるっとバス」詳細はこちら


**イベント**

寺山修司記念館20周年記念 特別企画展2017 VOL.2

ドキュメント 〜幻想市街劇『田園に死す』三沢篇〜   〜2018/4/1(日)まで 

A4_omote_ol.jpg 今年8月6日に、1日だけ上演され、全国から観客を集めた「幻想市街劇『田園に死す』三沢篇」当日は、虚構と現実の交錯したテラヤマ・ワールドを三沢市内各所に出現させました。観客、演者、スタッフ、誰一人として全てを見ることはできない同時多発75演目。市街劇の演出上、開催当日にチケットと引き換えに渡された地図を元に、観客は一人ずつ自分の出会う劇を選びます。観客の数だけ、この演劇は、違うものになっています。これまで上演された市街劇の中でも、最大規模で開催されました。残された舞台美術、大道具、小道具、記録写真、映像などにより、その全貌に迫ります。


TakemiyaEx_Flier1midi.jpg
「これからのコミックは、たぶん『風と木の詩』以後という呼び方で、かわってゆくことだろう。 寺山修司」
『風と木の詩』や『地球[テラ]へ・・・』『天馬の血族』などで知られ、少女漫画を革新・リードしてきた漫画家・竹宮惠子氏。本展では、多数の貴重な肉筆原画や、竹宮氏自身が技術開発を手がけた精巧な複製原画「原画'[ダッシュ]」などを中心に、画業50年のあゆみや創作の裏側をたっぷりとご紹介する。