トップ > 最新情報

最新情報

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、当館は臨時休館いたします。

期間:〜当分の間
臨時休館期間を延長することになりました。「当分の間」の日付は、来週以降の判断となる予定です。
企画展「オリンピックと寺山修司」 は、次の開館日が初日となります。よろしくお願いいたします。
しかし、再開後もしばらく遠方からの旅行は難しいという予想ですので、来館できない方も楽しめる方法を検討中です。

 

バス臨時運休:4/11(土)~ 5/6(水祝) 当分の間
新型ウイルス感染症拡大の影響で、青森県立三沢航空科学館臨時休館(4/11~5/6 当分の間)が決まりました。
その関係で、当館を通る三沢市内無料観光バス「MISAWAぐるっとバス」が臨時運休します。

さらに、運休期間が延びる場合もございますので、ホームページ最新情報やSNSをご確認いただくか、電話でお問い合わせください。
●MISAWAぐるっとバス運行情報 http://www.kokukagaku.jp/Cafe/bus.htm
●三沢航空科学館 0176-50-7777

今後の当館の開館状況なども変更する可能性がございますので、ご確認のうえご来館ください。
●寺山修司記念館 0176-59-3434

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

●休館日:4/6(月)、13(月)、20(月)、27(月)

●バス運行日:4/4(土)・5(日)、臨時運休  11(土)・12(日)、18(土)・19(日)、25(土)・26(日)、29(水)〜5/6(水)

三沢市内観光バス「MISAWAぐるっとバス」詳細はこちら
三沢駅・スカイプラザミサワ(中心市街地)・三沢空港等を経由します。

 
●入館料 企画展開催中
一   般    550円(常設展330円+企画展220円)
一般(20名以上) 440円(常設展220円+企画展220円)
高 大 生   110円
小 中 生    60円 ※土曜日は中学生以下無料
 
●入館料 企画展展示替え中(4/14~19)
一   般    常設展330円
一般(20名以上) 常設展220円
高 大 生   110円
小 中 生    60円 ※土曜日は中学生以下無料

 

学芸員によるテラヤマガイドツアー

2020/4/25(土)

月1回、土曜日に館内ガイドツアー【テラヤマガイドツアー】を開催します。常設展示をメインに、1時間で常設展と顕彰文学碑、後半30分で企画展の解説を行います。

〇時間:午前10時30分〜12時00分 ※前後、自由観覧可 ※途中参加・退出可
〇集合場所:寺山修司記念館受付 ※事前に入館券をお求めください。
〇備考:予約不要・ガイド料無料。中学生以上向け

 

**企画展**

特別企画展 2020 vol.1オリンピックと寺山修司 〜スポーツと芸術が交差するとき〜
会期:4/21(火)〜10/18(日)予定

寺山とオリンピックの関わりを詳しくご紹介。1964年東京五輪、1972年ミュンヘン・オリンピ4月21日火曜スタート! 寺山とオリンピックの関わりを詳しくご紹介。1964年東京五輪、1972年ミュンヘン・オリンピック……寺山が見たオリンピックとは?ック……寺山が見たオリンピックとは?

 

特別企画展 2019 vol.2「イラストレーターが挑む寺山修司の言葉」
会期:会期中〜4/12(日)予定 お見逃しなく!

没後36年、今なお色褪せない寺山の言葉をテーマに気鋭のイラストレーター14名が新作を発表。「言葉の錬金術師」テラヤマ×イラストレーションの饗宴空間をお楽しみください。


 

ピクニックスペースOPEN!
2020/4月〜9月の開館日

記念館の屋外にピクニックスペースを設置します。
芝生でゴロりとお昼寝、積み木ドミノ、シャボン玉遊びなど、
のびのびピクニックを楽しんでください。ランチテーブルを新設しました!
遊具は時々入れかえますのでお楽しみに。
さぁ、お弁当を持ってお散歩に出かけよう!
開放時間:9:00〜16:30 ※休館日・雨天・強風・警報時はCLOSE
場所:記念館屋外多目的スペース
利用料:無料

【イベントについてのお知らせ】

毎年恒例の春のイベント「寺山修司記念館フェスティバル2020春」は、今年の開催を見送ります。
寺山修司の命日5月4日をはさんだゴールデンウィークにフェスティバルを開催するようになって10年が経ち、「修司忌」として定着してきました。そうしたなか大変残念ではありますが、感染症対策のための決定です。1年間このイベントを楽しみにされていた皆さま、申し訳ありません。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。
予断を許さない状況が続きますが、8月2日(日)に予定している開館記念の「寺山修司記念館フェスティバル2020夏」は開催したいと思っています。今は、とにかく早くこの事態が収まるよう祈っております。

このたび、当代屈指のイラストレーター14名を迎え、2019-2020秋冬の企画展「イラストレーターが挑む寺山修司の言葉」を開催いたします。

会期=2019年10月19日(土)~2020年 4月12日(日)

開館時間=9:00〜17:00(入館は16:30まで)

入館料  一般個人 550円、一般団体 440円(20名以上)

高大 110円、小中 60円 ※土曜日は中学生以下無料

会場=寺山修司記念館エキジビットホール(三沢字淋代平116−2955)
お問合せ=三沢市寺山修司記念館 tel.0176−59−3434

 

「詩」もことばだと思ってはいるが、やっぱりことばではないのではないか、と思うことがある。詩はことばに毒されてはいるけれども、素朴に言えば、

イマジネーションの世界なのである。    「話しことばの思想」より

 「言葉の錬金術師」の異名をもつ寺山修司。その幅広い芸術活動すべてにおいて、力強く美しい言葉を武器に、想像を体現してみせた稀代の表現者です。

俳句・短歌から詩、シナリオと表現世界を広げていった寺山は、早い段階から、言葉を視覚化することに強い関心を持っていました。少年期には、主宰する文芸誌の表紙を寺山自身が描いていたこともあります。自著の装幀や挿絵、文章のレイアウトに至るまでこだわり抜き、当時の新進気鋭のイラストレーターやデザイナー等と共作しました。さらに、イラストレーションから影響を受け、自身の作中に取り入れることもあった寺山にとって、彼らは切磋琢磨するライバルであり、伴走者でした。
今回参加するのは、世代も作風もまったく異なる14名の作家。それぞれが寺山の言葉を選び、作品を描きました。テラヤマ×イラストレーションの饗宴! 背反する個と個が出逢い、ぶつかり合いながら交わり、新たな表現が生まれる瞬間のきらめきをお見逃しなく。

 

 

出展作家によるイベント

◆造形ワークショップ「私と言う虚構・・・仮面を作り、そして試しに演じてみましょう」

講師:野村直子/舞台美術家・衣装デザイナー・イラストレーター

10月19日(土) 13:00〜16:30

会場:寺山修司記念館エキジビットホール

*定員20名(事前申込優先)

*入館時に受付で「寺山修司アートカレッジ受講」とお申し出ください。
*基本的な材料は全てこちらで用意致します。特に使ってみたいと思われる素材などがある場合は、自由にお持ち頂いてもけっこうです。

 

◆及川正通トークショー *事前申込優先(入館者対象)

聞き手:笹目浩之(プロデューサー/ウルトラポスターハリスター)

11月10日(日) 14:00〜16:00

会場:寺山修司記念館エキジビットホール

 

関連企画

◆学芸員によるテラヤマガイドツアー  各回10:30~11:30 *予約不要(入館者対象)
11月16日(土)、12月14日(土)、2020年1月18日(土)、2月15日(土)、3月14日(土)

 

主催:三沢市寺山修司記念館/テラヤマ・ワールド 共催:寺山修司五月会 協賛:三沢市

後援:三沢市商工会、一般社団法人 三沢市観光協会、公益社団法人 三沢青年会議所、東奧日報社、東奧日報文化財団、デーリー東北新聞社、陸奥新報社、コミュニティラジオ局BeFM

首都圏宣伝:ポスターハリス・カンパニー

助成:公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団