トップ > 最新情報 > お知らせ

最新情報

寺山修司記念館25周年記念 特別企画展 2022 vol.1
「寺山修司のラジオドラマ」早熟の文士として文壇に躍り出た寺山のキャリア草創期にあたる仕事が、ラジオドラマの脚本でした。

20代に集中して取り組まれた仕事でありながら、実は、最も賞を獲得した分野がラジオドラマの脚本です。国内だけでなく国際的な放送賞でもグランプリに選ばれ、のちに主宰する劇団、演劇実験室「天井棧敷」が海外進出するきっかけにもなりました。寺山のラジオ台本には後の作品の萌芽が色濃く見られ、特に、天井棧敷ではそのシナリオを土台に舞台を創作しています。彼が描きたかった世界が凝縮され、原石のまま輝いているのがラジオドラマなのです。 ❝寺山修司❞のすべては、ラジオドラマのなかにあったとも言えるでしょう。

また、同時期に脚本を手がけていたミュージカルの要素が取り込まれ、テンポの良いセリフ回し・高い音楽性、幻想からユーモア、ハードボイルドまで幅広い作風を味わえるのも寺山のラジオドラマの醍醐味です。今回は、脚本家自身が保管していた貴重な音源を中心にご紹介します。

 

会期:2022.6.7(火)~2023.4.9(日)
第1期:2022.6.7(火)~11.27(日)/ 第2期:11.29(火)~2023.4.9(日)
●休館日:月曜(祝日の場合は翌日)

※8.1(月)・8(月)・15(月)は開館  ※12.29(木)~1.3(火) 年末年始休館

●開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)

●会場:寺山修司記念館 エキジビットホール 

●入館料:一般個人 550円(常設展330円+企画展220円)/一般団体 440円(20名以上)

高大生 110円/小中学生 60円 ※土曜日は中学生以下無料

 

 

【関連企画】

◆演劇実験室◉万有引力 特別公演

日時:2022年7月31(日) 夕方

会場:寺山修司記念館、屋外多目的スペース

 *イベントの詳細は決まり次第、当館HPとSNSでお知らせします。

◆ラジオドラマ朗読劇場 入館者・観覧無料

日時:各回14:00-14:30  ※演目により上演時間が若干前後します。

第1期:2022年8月28日(日)、9月25日(日)、10月30日(日)、11月27日(日)

第2期:12月25日(日)、2023年1月29日(日)、2月26日(日)、3月26日(日)

会場:寺山修司記念館エキジビットホール

 *当日付の入館券をお持ちの方はどなたでもご観覧いただけます。

 *各回演目等の詳細は決まり次第、当館HPとSNSでお知らせします。


●休館日:7/4(月)、11(月)、19(火振)、25(月)

●バス運行日:7/2(土)・3 (日)、9(土)・10 (日)、16 (土)〜18(月祝)、23 (土)〜8/21(日)※夏休み期間7/23(土)〜8/21(日)は毎日運行。7/25(月)は記念館は休館ですがバスは運行しています。

三沢市内観光バス「MISAWAぐるっとバス」(無料)
三沢駅・スカイプラザミサワ(中心市街地)・三沢空港等を経由します。

・バス時刻表

●入館料 
一   般    550円(常設展330円+企画展220円)
一般(20名以上) 440円(常設展220円+企画展220円)
高 大 生   110円
小 中 生    60円 ※土曜日は中学生以下無料
 

寺山修司記念館25周年記念 特別企画展 2022 vol.1
「寺山修司のラジオドラマ」
会期:2022年6月7日(火)〜2023年4月9日(日)

第1期:2022年6月7日(火)〜11月27日(日)

第2期:2022年11月29日(火)〜2023年4月9日(日)

 

関連企画:
◯「演劇実験室◉万有引力」特別公演
日時:2022年7月31日(日)夕方
場所:寺山修司記念館 屋外多目的スペース
※イベントの詳細は決まり次第、当館HPとSNSでお知らせします。

◯ラジオドラマ朗読劇場 (入館者・観覧無料)
第1期:2022年8/28(日)・9/25(日)・10/30(日)・11/27(日)
第2期:2022年12/25(日)・2023年1/29(日)・2/26(日)・3/26(日)
時間:各回14:00〜14:30※演目により上演時間が前後します。
場所:寺山修司記念館内エキジビットホール
※当日付けの入館券をお持ちの方はどなたでもご覧いただけます。
※各回演目などの詳細は決まり次第、当館HP・SNSでお知らせします。

 
 

 

●休館日:6/6(月)、13(月)、20(月)、27(月)

●バス運行日:6/4(土)・5 (日)、11(土)・12 (日)、18 (土)・19(日)、25 (土)・26(日)

三沢市内観光バス「MISAWAぐるっとバス」(無料)
三沢駅・スカイプラザミサワ(中心市街地)・三沢空港等を経由します。

・バス時刻表

 
●入館料  ※企画展示入替期間6/1(水)〜6/5(日)
一   般    330円
一般(20名以上) 220円
高 大 生   110円
小 中 生    60円 ※土曜日は中学生以下無料
 
●入館料 ※6/7(火)〜
一   般    550円(常設展330円+企画展220円)
一般(20名以上) 440円(常設展220円+企画展220円)
高 大 生   110円
小 中 生    60円 ※土曜日は中学生以下無料
 

寺山修司記念館25周年記念 特別企画展 2022 vol.1
「寺山修司のラジオドラマ」
会期:2022年6月7日(火)〜2023年4月9日(日)

第1期:2022年6月7日(火)〜11月27日(日)

第2期:2022年11月29日(火)〜2023年4月9日(日)

 

関連企画:
◯「演劇実験室◉万有引力」特別公演
日時:2022年7月31日(日)夕方
場所:寺山修司記念館 屋外多目的スペース
※イベントの詳細は決まり次第、当館HPとSNSでお知らせします。

◯ラジオドラマ朗読劇場 (入館者・観覧無料)
第1期:2022年8/28(日)・9/25(日)・10/30(日)・11/27(日)
第2期:2022年12/25(日)・2023年1/29(日)・2/26(日)・3/26(日)
時間:各回14:00〜14:30※演目により上演時間が前後します。
場所:寺山修司記念館内エキジビットホール
※当日付けの入館券をお持ちの方はどなたでもご覧いただけます。
※各回演目などの詳細は決まり次第、当館HP・SNSでお知らせします。

 
 
 
VR展示 第2弾「ジャパン・アヴァンギャルド ―アングラ演劇傑作ポスター展―」(会期:2021/4/6~10/24)、公開を開始しました。
展示を見逃したという初見の方、館内での感動をまた味わいたいというリピーター、この両方に満足いただける内容になりました。稀代の現代演劇ポスターコレクター、ウルトラポスター・ハリスター笹目浩之の解説もご覧いただけます。
すでに、体験版(特別企画展2020「オリンピックと寺山修司」)がありますので、ご購入前に、VRの内容や操作性などをご確認いただけます。チケット購入後には何度でも見返していただけるよう、期間を長く設定しています。存分にご堪能ください。
 
当館HP「VR展示」ページ  http://www.terayamaworld.com/vr/
 

開催期間 2022/3/21(月) 10:00 ~ 2023/1/15(日) 23:59

チケット料金 550円 ※別途システム手数料110円が掛かります。

●休館日:5/9(月)、16(月)、23(月)、30(月)

●バス運行日:5/1(日)〜8 (日)、14 (土)・15(日)、21 (土)・22(日)、28 (土)・29(日)

三沢市内観光バス「MISAWAぐるっとバス」(無料)
三沢駅・スカイプラザミサワ(中心市街地)・三沢空港等を経由します。

・バス時刻表

 
●入館
一   般    550円(常設展330円+企画展220円)
一般(20名以上) 440円(常設展220円+企画展220円)
高 大 生   110円
小 中 生    60円 ※土曜日は中学生以下無料
 
 
29日終了
寺山が遺した数々の惹句の中でも、最も人口に膾炙(かいしゃ)した「書を捨てよ町へ出よう」。
この言葉をタイトルにもつ3つの寺山作品。本展では、流れゆく時代感情を正確に切り取った「書を捨てよ町へ出よう」が象徴する寺山の表現哲学を、同名の評論集・舞台・映画それぞれの作品を追うことで明らかにしていきたい。
また、現代において一人歩きしている「書を捨てよ町へ出よう」というフレーズが、これまでどのように社会で受容され、伝播してきたか。その全体像に迫っていく。