トップ > 最新情報 > 2020年 > 4月

最新情報

会期=2020年 4月21日(火) ~10月18日(日)
※6月2日再開 

開館時間=9:00〜17:00(入館は16:30まで)

入館料  一般個人 550円、一般団体 440円(20名以上)

高大 110円、小中 60円 ※土曜日は中学生以下無料

会場=寺山修司記念館エキジビットホール(三沢字淋代平116−2955)
お問合せ=三沢市寺山修司記念館 tel.0176−59−3434

オリンピックの一番のテーマは「国の復権」ではなくて「人間の復権」なのだ
        「オリンピック『わが闘争』!」 寺山修司評論集『遊撃とその誇り』 1966 三一書房

 

寺山にとって、個人と国家、スポーツと芸術表現、肉体と論理という命題は、二律背反の普遍テーマでした。

アジア初の五輪開催地となった東京オリンピック(1964年)は、日本にとって戦後復興を世界にアピールするための最高の舞台でした。開催に向けての大規模な都市開発は、街並みとそこに暮らす人々の生活を変貌させてゆきました。クリーンで安全な東洋の大都市TOKYOを世界に印象づけた日本は、続く1970年の大阪万博でも成功を収め、先進国としての立場を確立していきます。

1964年当時、杉並区に住んでいた寺山は、目まぐるしく変化していく街を間近に見ていました。同年に、変わりゆく「新宿荒野」を舞台として、月刊誌『現代の眼』に小説「あゝ、荒野」の連載をはじめています。同作には、大きな潮流から零れ落ちていく、マイノリティのありのままの姿が描かれます。五輪とは、このうえない華々しさと引き換えに、社会に影をもたらすものでもあったのです。その後、前衛演劇の旗手として世界に進出した寺山は、自らその光と影を体験することになります。

本展では、寺山にとって初めて身近なものとなった1964の東京大会の体験から、自身の主宰する劇団とともに参加した1972年のミュンヘン・オリンピック芸術展示までを中心に、寺山とオリンピックの関わりについて紹介します。

近代オリンピックの栄光と影。その観察者であり、当事者でもあった寺山が、人類最大のスポーツの祭典をどのように評価し、表現したのでしょうか。

 

 

関連企画

◆学芸員によるテラヤマガイドツアー  各回10:30~12:00 *予約不要(入館者対象)

1時間で常設展と顕彰文学碑、後半30分で企画展の解説を行います。
2020年4月25日(土)、5月23日(土)、 6月20日(土)、7月11日(土)、 8月22日(土)、9月19日(土)、10月17日(土)

※ウイルス感染防止対策のため、7月の回まで中止。8月以降は未定。

 

 

主催:三沢市寺山修司記念館/テラヤマ・ワールド 共催:寺山修司五月会 協賛:三沢市

後援:三沢市商工会、一般社団法人 三沢市観光協会、公益社団法人 三沢青年会議所、東奧日報社、東奧日報文化財団、デーリー東北新聞社、陸奥新報社、コミュニティラジオ局BeFM

首都圏宣伝:ポスターハリス・カンパニー

協力:須賀川市/陸上自衛隊日本原駐屯地

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、当館は臨時休館いたします。

期間:〜当分の間
臨時休館期間を延長することになりました。「当分の間」の日付は、来週以降の判断となる予定です。
企画展「オリンピックと寺山修司」 は、次の開館日が初日となります。よろしくお願いいたします。
しかし、再開後もしばらく遠方からの旅行は難しいという予想ですので、来館できない方も楽しめる方法を検討中です。

 

バス臨時運休:4/11(土)~ 5/6(水祝) 当分の間
新型ウイルス感染症拡大の影響で、青森県立三沢航空科学館臨時休館(4/11~5/6 当分の間)が決まりました。
その関係で、当館を通る三沢市内無料観光バス「MISAWAぐるっとバス」が臨時運休します。

さらに、運休期間が延びる場合もございますので、ホームページ最新情報やSNSをご確認いただくか、電話でお問い合わせください。
●MISAWAぐるっとバス運行情報 http://www.kokukagaku.jp/Cafe/bus.htm
●三沢航空科学館 0176-50-7777

今後の当館の開館状況なども変更する可能性がございますので、ご確認のうえご来館ください。
●寺山修司記念館 0176-59-3434

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。